脊柱管狭窄症はPLDDで治す|切らない治療方法

看護師

急に聴こえなくなる

4人の医師

普段、急に引き起こすのには突発性難聴などがあります。これは耳に関する症状であり、内容としは耳が突然聞こえなくなったりするのです。その突発性難聴になるまでには耳への異常が出たりしているのです。

耳が聴こえなくなる病気

ドクター

耳に対して起こすであろう症状には突発性難聴などがあります。この突発性難聴は原因が知られていないのです。そのため耳に関して違和感を感じたら病院で診断してもう必要があるのです。

脊柱管の病気

腰を押さえる人

脊柱管の病気とは

「脊柱管狭窄症」というものがあります。これは『脊柱管』の部位にあたる問題です。この脊柱管というのは、背骨に囲まれた管状の空間の事を指します。背骨というものは、椎骨(ついこつ)という名前の骨が幾重にも積み重なって形成されています。そして椎骨自体は椎体と椎弓から成り立っており、その合間にある空間の「椎孔」が重なっている事で出来上がるのが『脊柱管』になります。この脊柱管には神経が入っている硬膜などの大事な部位が存在しており、他にも脳へと繋がる神経や血管なども通っていて重要な部位になります。そして「脊柱管狭窄症」というのは、脊柱管を取り囲む椎骨や椎弓などの悪性的な変化や靭帯の膨張や隆起などのつまりが起きる事で脊柱管が狭くなり、脊柱管を通っている様々な神経を圧迫して阻害し、腰痛や足腰の痛み、背骨の痛みなどの悪影響を及ぼすのが脊柱管狭窄症というものになります。これの特徴としては、先天的な脊柱管狭窄症(脊柱管が生まれつき狭い体質)などのケースもありますが基本的には後天的な生活習慣、及び加齢により脊柱管が変化していく事で起きる病気であるという点です。いわば現代病の一つでもあります。

現代病と言える所以とは

脊柱管狭窄症が現代病と言える部分はシンプルな所にあります。日本で分かり易い一例を上げれば、昔の農作業をしていた人達の足腰の強さに現代人が驚かされる様に、現代では足腰を日常的に鍛える、尚且つ身体を動かす、食生活がオーガニックではなく添加物や油物ばかりになっているなどがあるでしょう。現代的な日本人の身体を脆弱化してしまう習慣・生活が当たり前になりすぎた結果が、この脊柱管狭窄症患者の増加に一役買っていると考えられています。その為、高齢者のリハビリなどで改善しようにも幼い頃から、及び成人した後からの人生で形成してきた自分自身の肉体の土台が悪い場合があるのです。幾らリハビリしても長いスパンが必要になるケースが多く、完治は難しく再発を招くなどの一種の厳しさが存在します。その為、脊柱管狭窄症で老後不便したくない場合には、リハビリを必要としない生活習慣の改善、及び病後のリハビリではなく病前の自分の身体のメンテナンスの意味もあるリハビリある運動をこなして、今後に備えていくという事が大切です。病院では脊柱管狭窄症はPLDDと呼ばれる手術方法で治すことも可能です。PLDDを用いた治療を行なうことで、体にメスを入れることなく腰痛の症状を緩和出来ます。

腰痛に悩んでいる場合には

女医

腰の痛みや足のしびれは脊柱管が圧迫されることによる、脊柱管狭窄症が原因である可能性があります。その原因としては椎間板ヘルニアや加齢による椎間板の変性などが挙げられます。脊柱管狭窄症の治療には手術や薬物を使う方法がありますが、自分で生活を見直し腰の筋力トレーニングをするなどの方法も効果的です。