脊柱管狭窄症はPLDDで治す|切らない治療方法

ナース

急に聴こえなくなる

4人の医師

突発性難聴は、突発と言うだけあって急に耳が聴こえなくなります。両耳が聴こえなくなることはほとんどなく、片側の耳だけに発症します。ある日突然、強い難聴が発症したらすぐに病院で治療してもらいましょう。発症してから1週間以上放置すると、聴力が戻らなくなる可能性が高くなります。ただ、治療をして聴力が戻っても以前と同じ状態には戻らないと言うことが少なくありません。音が響いて聞こえたり、ゆがんで聞こえたりすることがあります。また、耳鳴りが続くと言うことも多いです。突発性難聴と言っても、難聴だから通院で治療できるだろうと思っている人は多いですがそうとも限りません。1週間から2週間程度入院することもあります。

内耳に何らかの障害が起こっていることは分かっているが、原因がはっきりしないのが突発性難聴の特徴です。外傷や腫瘍、循環器系の病気が原因で突発性難聴になると言われていますがこれも絶対ではありません。ただ、突発性難聴は過労が続いている時に発症しやすいと言われています。休むことは症状改善の基本と言うことを頭に入れておきましょう。日本では、休まず働くことが良いと考えられることが多いです。しかし、それでは突発性難聴になる可能性を高めることになるので注意しましょう。また、適度に耳掃除もしなくてはいけません。耳垢が外耳道を完全にふさいでしまえば、難聴のもとになります。ただ、あまりやりすぎないようにしましょう。