脊柱管狭窄症はPLDDで治す|切らない治療方法

ナース

腰痛に悩んでいる場合には

女医

脊髄の通っている管のことを脊柱管と言います。この部分が何らかの原因によって狭くなってしまうと脊髄が圧迫されることになり、神経が圧迫されることによって痛みがしびれなどの症状が現れることになります。これが脊柱管狭窄症と呼ばれる症状です。多く見られるのが腰の部分であり、腰部脊柱管狭窄症と呼ばれています。この症状が起こる原因としては、椎間板ヘルニアや加齢に伴う椎間板の変性などが挙げられます。変性すべり症もその原因となることがあります。神経根に影響が出ている場合には痛みや下肢のしびれが現れますが、馬尾神経に影響が出ると頻尿や排便障害を引き起こす場合もあります。そうなると薬物治療による保存療法でははなく、手術による治療が必要になることもあります。

腰の痛みや足のしびれなどの症状が現れるのが脊柱管狭窄症です。椎間板ヘルニアなどが原因になって発症することがありますが、治療には必ずしも手術を行わなければならないというわけではありません。手術以外にも薬物療法やブロック療法も有効な手段として行われています。また、脊柱管狭窄症を治療するには根本的な治療方法としてそうなってしまった原因を取り除くという方法もあります。特に手術や薬物による治療法に抵抗があるという人には自宅でも出来る治療方法として人気があります。体のバランスが崩れてしまい、脊柱管に負担をかけることが原因になっていることから正しい姿勢を意識することも効果的です。また、腰椎を支える筋肉が弱っていると脊柱管に与える負担も大きくなりますので筋力トレーニングも効果的です。